トップページ | 2006年2月 »

2006年1月31日 (火)

久しぶりの雨 音が違う!?

久しぶりの雨で空気がしっとりした感じ。こんな日こそのんびりと好きな曲を聴いてほっとしたい。というわけでお気に入りを501で聴いてみた。すると妙にぼーっとした感じ。何だろうと思い配線やらスピーカーのセッティングをチェックする。

ウーファーのコーン紙が湿気てる。

いずれはメインにしようと毎日少しずつ鳴らしているスピーカーだ。テスコという昔のスピーカー。60年代河合楽器が製造していたらしい。38センチウーファーとコンプレッションドライバー?の2ウェイだ。元々スタジオやホールの据え付け用らしいが縁があって我が家に来た。
今まではあまり気にしなかったのだが、ウーファーが紙製のため雨が降ると湿気てしまうようだ。こればかりはどうにもならないのだろうか。まだまだ勉強しないといけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のんびりしすぎたか

先日のスノボー温泉巡りで結構体力使ったせいか、昨日今日とごろごろとしていた。何かおんがくをかけておこうとTU870にiPodをつないでお気に入りをかけてごろごろする。なかなかいいおとで鳴っているのでそのまま昼寝に入る。
ぐっすり眠り、よい気分で起きたが、音楽はながしっぱなし。うるさくもないしいいバランスであるせいか、今回のsv-501seの登場でオーディオの組み合わせ、セッティング、引っ越しをかんがえないといけなくなってしまった。ある程度の青写真はあるのでぼちぼちやっていこうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月28日 (土)

再チェック(画像多し!)

今のところ問題なく作動していたSV-501SEですが、チャンネル1のボリュームが調子悪く、盛大にガリがでます。ザ・キット屋さんにすでにメールしておいたところ「ボリュームの不具合」でしょうということで早速替わりのパーツを送ってくださいました。
以前TU-870を製作したときも疑問に思ったことを訪ねたら、即レスいただきました。ザ・キット屋さんのすばらしいところはこの素早さと真摯にわれわれ客側の気持ちを受け止めてくださるところだと思います。ネットでやりとりすると時に寂しい思いをさせられるwebショップもあるなかで、実際に人と人が顔を合わせてやりとりしているような思いさえします。これからもよろしくお願いします。

さて、替わりのパーツも届いたことだし早速SV-501SEをひっくり返し該当部分を交換。一発で解消しました。ザ・キット屋さんありがとうございました。

で、ついでに気になったところを見つけました。みるも無惨なハンダ付け。理由はわかっています。まず第一にハンダごてがでかすぎ。サイズでなくてワット数が。60w。これではいけません。
第二に基盤をケースに入れてからコード類をつなぐことの難しさ。ケースの隅の電源スイッチなどは最悪でした。
各基盤をケースに取り付ける前に、いやそれ以上に基盤にターミナルをつけた状態で、抵抗やコンデンサーの前にケーブルをつける方がきれいでスムーズにできるような気がします。汚いハンダの後を見てあまりにも無惨なのでもう一度やり直してみようと思います。以下無惨な状態。うううううううう。

IMG_4511_2
IMG_4512_2
IMG_4516_2
IMG_4519_2
IMG_4525_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月27日 (金)

ゲレンデ貸し切り

行ってきましたスノーボード。いろいろあって今年初すべり。去年もそうだったけど、平日は貸し切り状態。のびのび周りを気にせず滑れました。

どんなことでものびのびできたら気楽でしょうね。先日作ったSV-501SEも少しづつですがボリュームを上げています。べつに大音量を好むわけではないですが、どのくらいまでいけるのかな?というたわいもない理由からです。

でも、大音量はいけませんね。自分も周りも緊張してしまうというか体と耳が固まってしまうようです。ほどほどの音量で穏やかな気持ちで聞ける、そんな距離感を見つけられたらいいなと思います。上手く表せないのですが、音量というよりは距離感ですね。

スノーボードもバーンを削ってゴリゴリ滑るのも醍醐味の一つですがそれがすべてではありません。満足感を得られるのはのびのびと、穏やかに楽しめたときです。

01010024


南アルプスの山々に冠雪
01010011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月26日 (木)

いい天気

今朝は風もなく「これならうみにはいれるかな?」とおもったけど肝心の波がない。ざんねん。

270W8505



山を見るとうっすら冠雪あり。あまり動かないでいるのもいかがなモノか。ということであしたはスノボに行こう。もしゲレンデがあまりよい状態でなければ途中で温泉に変更でもいい。おおらかにかまえずのんびりしてこよう。

ところで、スノボといえばBGMがどうしてもほしくなる。こんな時に役に立つのがiPod。

去年は乗鞍にべったり滞在していたので当時一番容量の大きなモデルをもっていったが、カモシカコースで激しく転倒した際iPodがどこかへとんでいってしまった。かなり落ち込んだがしょうがない。あきらめた。だってスキー場でiPodどうやって探すんだ!!!!!!オレンジ色にでもぬっときゃよかった。

でもやっぱりないと寂しいので帰ってきてからとりあえずシャッフルを買って、しばらくはそれでよかった。が、やっぱりiPodがほしくなって現行機種変更直前の60Gモデルを購入。
明日は久しぶりのスノボ。60Gとシャッフルどちらを持って行こうか・・・・・・・・・。また痛い目見るといやだからシャッフルに決めた。最近のお気に入りをアップデートする。それから試しに、できたばかりのSV-501SEにつないで聞いてみた。
なかなかいいですね。いつもヘッドフォンでしか聴いていないモノだからあんまり期待はしていなかったけど、きちんとした環境でソースとして通用するのを確認できてよかった。 もちろんベストなサウンドではないけれど、BGMと割り切って聴く分には何ら不満はないです。むしろSV-501SEのおかげで奥行きのあるBGMになった分お得な気分です。

IMG_4507

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月25日 (水)

きれいですね

昨晩遅くまでブログの設定やらアップロードをしていましたが、なにぶん初めてのことでよくわからないことばかり。ぼちぼち勉強していこう。

Macの電源落として部屋の明かりも消して、さあベッドへと思ってふと立ち止まってみるとSV-501SEの電源を落としていなかった。スイッチに手を伸ばしてみるとなにやら300bが青く光っていました。
初めて見る青い光。不思議な青さでしばらく見とれていました。きれいですね。
画像は上手くとれなかったけど実物はとってもきれいでした。

IMG_4500

| | コメント (0) | トラックバック (0)

300B

やっぱりでかいですね。どのくらいかというとこんな感じです。


IMG_4327
IMG_4331

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月24日 (火)

真空管アンプ制作記

真空管アンプを作りました。ついでにブログも挑戦してみました。よくわからないこともありますがぼちぼちやっていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さてはじめますか

SV-501SEの梱包をほどいて作業開始です。

IMG_4322
IMG_4335

| | コメント (0) | トラックバック (0)

作業場

いつもこんな調子ですが、猫の額ほどのせまーいデスクで作業しています。でも何がどこにあるかわかっているのでなれてしまった今ではこれでないと困ります。

右上の方に6BM8のささやかなコレクションが写っていますね。

IMG_4356

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6BM8

TU-870で見慣れた真空管ですが、SV-501SEの基盤に取り付けるとまた違った印象です。なかなか力強いよい顔です。TU-870を作ったときにいろいろなメーカーの6BM8を集めたので、SV-501SEでも差し替えて試してみたいです。

でも、300Bのなんと高いことか。おいそれとは手に入れられないですね。差し替えは6BM8だけで我慢です。

IMG_4379

| | コメント (0) | トラックバック (0)

表と裏

表はまあまあきれい。裏はこきたないです。IMG_4382
IMG_4375

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケーブル処理

シールド線を剥いて端末処理します。ドライヤー探すのがめんどくさいのでハンダごてで作業。

IMG_4390

IMG_4388

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すべて収まりました

ケース内にすべての基盤とコードを引き終わったところです。本当はSV-501SEの前にSV-9Tをつくるつもりでいましたが、噂によると9Tの中身をケースに収めるのはとても大変らしいです。また、余裕が出てきたらプッシュプルにも挑戦してみたいです。

IMG_4459

IMG_4435

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真空管ソケット

前回作ったのが6BM8だったので300Bのソケットの大きさと、4ピンしかないのを見てちょっと驚きました。

IMG_4476

IMG_4464

| | コメント (0) | トラックバック (0)

直流点火!!!

キットやさんのアンプをHPで見ていくと初代?SV-501とSV-501SEの違いの一つにこの、直流点火基盤があると思います。画像を拡大するとハンダの汚さが見えてしまいますが、+と-の隙間がなく、電源投入時とても怖かったです。
短絡していて火を噴くのはここでしょうね。たぶん。

IMG_4485

IMG_4353

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電源周り

キットやさんのアンプのすばらしいことの一つに製作マニュアルの完成度があると思います。製作マニュアル通りに進めれば、まず間違いなく完成できます。
ですが、今回唯一、従わなかったのが電源スイッチ部の赤いコードです。本当は白を使えとありましたが赤いコードが目の前にあったのでそのまま使ってしまいました。

その他内部画像です。

IMG_4481

IMG_4479

IMG_4456

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アース

私は多趣味ですが、一つのことを深く深く極めようとはさらさら思っていません。
真空管アンプ製作は2台目ですが、不思議に思っているのがこの黒いコード。アースです。シャーシにもつながっていますし、手に触れられるモノにコードがくっついて電気が流れているのがなんだか解せません。感電はしないようですが、不思議です。 作業中ケーブルがとっちらかっているのでわかりやすく束ねるのと、金属じゃ怖い気がして洗濯ばさみを使っています。なかなか便利な道具です。
アースのことが気にならないわけじゃありませんが、まあ、無事に音が出ていますし、煙も出ないからよしとしました。
IMG_4453IMG_4482

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドライブ基盤

ドライブ基盤ですが、左右同じモノをプリント基板にハンダ付けしますので、作業をしていてなかなか楽しかったです。まあ、ステレオですから当然なんですが、左右でパーツが違っているとちょっと不安になりました。コンデンサはこれでいいのでしょうか、わかる方おられましたら教えてください。

IMG_4483

IMG_4361

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二つの真空管

二種類の真空管6BM8と300bのソケットです。この画像を撮りながらなぜかわくわく、どきどきします。

IMG_4487

IMG_4486

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とにかくでかい

SV-501SEの外観ですが、今までTU-870を使っていましたのでとにかくでかさを感じます。このブログを書きながら音楽を聴いていますが、機器の存在が気にならないです。上手く表現できませんが、ソースの良さをより引き出し、演奏に集中できます。

IMG_4496

IMG_4495

IMG_4494

| | コメント (0) | トラックバック (0)

完成・エージング中


完成しました。電源オン。そのままエージングにはいりました。

3日後いよいよ音だし。今まではTU-870をメインにしていましたが、やはり重さというか音楽の質量が違います。ただ音が高密度になったわけでなく、目の前に音楽がドーンと腰を据えたようです。



これからじっくりセッティングをつめていきますが、たのしみです。

IMG_4493

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめてみた

いままでは、読んでいただけのブログ。なんとなくですが、はじめてみました。
好きなことを書きつづっていこうと思います。

今日は朝から空気が澄み切っていて気持ちがよかった。風が強いから海は無理かな・・・。
 先週作ったSV-510SE(真空管アンプキット)のエージングもぼちぼちおわった。スピーカーケーブルの端末を処理してやっとつないでみる。いよいよ音だし。今日はちょっとだけ聴いて寝不足解消のため寝る。

| | トラックバック (0)

トップページ | 2006年2月 »