« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月21日 (火)

よく知っている曲で再発見

SV-501SEをメインにしてからようやくセッティングも落ち着いた。やはり大型のスピーカーでは自ずとその位置は限定されてしまうが、ちょっとした工夫で驚くほど音が変わってくることを今日までに改めて思い知った。
ドライバーホーンが左右まっすぐに交差する点をスイートスポットにするのは当然なのだが、一人でやっているとなかなか微調整しづらいもの。左右がすんだら今度は高さ。基本的にスピーカーの下にはケヤキの無垢のオーディオラック(一ヶ60kgなり!)をおいて高さを稼ぎ、おおまかなところではほぼ耳の高さだ。
高低と左右どちらが音に影響を与えるかは左右であろう。スピーカー自体の左右の幅、内振り外振りの具合と、はっきりと音に表れる。今はほぼ正3角形に近いセッティングだ。
正3角形の配置にしたのはリスニングポイントから距離をとれないためだが、これはスピーカーの前面にすぐワークデスクをおいてしまっているためだ。それでも1辺2mはあるので十分の距離だとは思う。人間の出入りのためスピーカーの後ろが通路になってしまった。けがの功名かおかげでより奥行き、立体感が増していると思う。
ようやく落ち着いたこの位置で何度も聞いてきたアルバムをかけてみるが、SV-501SEの実力たるや凄いものである。今まで平面的なきこえ方しか経験がなかったのだが、本当にリアルに目の前に表れる(現れるかな?)。
このフィリップジョーンズブラスアンサンブルの演奏は30年近く聴いてきたが、アンサンブルのすばらしさとともに誰がどの位置で演奏しているのかまでわかる。別にあら探しをするわけではないが、まさに“息吹き”が感じられる。しばらくはやっと落ち着いたこのセッティングでじっくり音楽を楽しみたい。

_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月17日 (金)

だいぶよい感じだが・・・

悩み多きかな

SV-501SEの追い込みですが、だいぶツボにはまってきました。前後の立体感というか奥行きのある音像はそのままに、横への広がりと、まるでホールトーンのような響きが出てきました。
今までTU870で鳴らしてきたSP達なので微妙にツボがずれていたのでしょうか、いまいち気持ちよくなかったのですが、スピーカーのセッティングを場所は変えずに内振りのみで試していたところ、よい感じになってきました。
私は演奏をするとき、本番を行う場所で必ず響きを確認します。ステージで吹いたとき自分の音はどのように響き、聞こえるのかを確かめかす。ホールの隅々にまで届き、且つ自分の体に聞こえる(聴く)音がはっきりわかるときはとても楽に演奏できます。コントロールしやすいのとよく響くから楽だし気持ちがいいのです。
TU870の描く姿は輪郭のはっきりした、よく削ってとがらせた鉛筆で描いた絵のようだと思ったことがあります。SV-501SEは前後の立体感と広がり、それとホールトーンが描き出せるアンプだと思います。狭い部屋であっても本当にホールにいるかのような響きを味わえる実力を見せ始めてくれました。
あまり気張らずに、自分の好みの音楽を目指してそのイメージに少しずつ近づくよう楽しんで追い込みたいです。
こうなってくるとTU870の方は別の部屋で活用できるよう少し手を加えてみたいと思います。いっぺんに二つのことをやればたいがい行き詰まるのでもう少し先のことですが、悩みは多いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月10日 (金)

まだまだかかりそう

SV-501SEを作ってからだいぶたつが、まだまだセッティングを追い込めない。追い込むどころかまだエージングの途中くらいである。私のデスクにTU-870が来てから半年以上たつが、こちらは取り回しの良さとじっくり時間をかけてセッティングができたので気楽に音楽を楽しむにはこれ以上はないのでは、というくらいドンぴしゃである。

しかし、501は違う。TU-870のようにひょいっと動かしてスピーカーごと移動するのは結構たいへんだ。一つの部屋で飽きたらず、あちこち部屋を変えているので一仕事なのだ。はじめ870に合わせてセッティングしたスピーカーに501をつないで音楽を聴いてみるとそこそこ悪くないのだが、501の良さを引き出しているとはいえない。かといって現在501自体がきっちり本領発揮しているわけではないので、結局はもうしばらくは870と同居させて切り替え器で聞き比べながら使うことにした。

楽器でも自分に合わせて慣らす。部屋、ホールに合わせて慣らす。この作業はじっくりやらないと奏者に無理がかかる。だから、じっくりと時間をかけることにした。
IMG_4494

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 5日 (日)

運動不足解消

天気もいいし海に入ろうか・・・。とりあえず海に行ってみた。朝焼けがとてもきれいだが、海面はぐちゃぐちゃ。しょうがないから帰って、音楽を聴こう。
運動不足は次の会に持ち越し。
270W2877

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音場?目の前に浮かび上がるもの

真空管アンプにはまった理由はタイトルのように、オーディエンスの前に描かれる音場を鮮やかに表現したかったから。webを検索かけながら巡っていると、時々このような言葉に反応があり拾い読みしている。
「拾い読みじゃわからんだろう」とつっこまれそうだが、「この記事は私にとって必要な情報を提供してくれるか?」案外わかるものである。で、拾い読み。
実は私は音楽教師をしていた。専門はトランペット専攻だ。学生時代に師匠の仕事現場に足を運びちゃっかり演奏会も聴かせていただいていた。その師匠はNHK交響楽団で主席をしていらっしゃった。今現在は生まれ故郷に戻られ精力的にお仕事をなさっておられるという。凄いパワーだ。
で、話が元に戻るが、中学高校の音楽現場では「表現力を身につけましょう」と同じくらいに、いわゆる音楽鑑賞があった。この表現にしろ鑑賞にしろ「本物」を提供できる機会はどこの学校現場でもないに等しい。

1,よい音楽(ソフト)をチョイスし、2,番組(授業の流れ等)を組み、3,音楽を聴かせる。このシンプルなことができないのだ。1,2はこちらの努力でどうにでもなる。しかし3,は、、、、、。端的に言えばオーディオ(時に映像を含む)の再生環境としてまったくとんちんかんな設備しかなかった。

そんなこんなで、すがるつもりでたどり着いたのが、N響のヴァイオリニスト根津先生のサイトだ。根津先生の日記にTU-870のこと、オーディオに私が求める条件まさにそのものであったように思った。驚喜し興奮したことを覚えている。

で、私はどうしたかというとまずTU-870に白羽の矢を立て早速購入、製作、追い込みをして現在仕事場のメインシステムとして活躍している。DATで生録した演奏をチェックしたり新たに取り組む楽曲のお手本CDと(たいていの場合あまりお手本にならない。出版社の方何とかしてください・・・・・。)スコアを手にしてアナリーゼするのに大変重宝した。もちろんオフの時は好きな音楽をかけてのんびりしたものだ。

IMG_4331

で、満足していたのだが、「好きな音楽をかけてのんびり」するにはTU-870ではちょっと力不足になってきた。そこでいろいろ思案した結果、300Bの評判と機器としてのコストパフォーマンスの高さから思い切ってSV-501SEに挑戦したのである。
ここ数日セッティングや回路の微調整、ケーブルの引き回し、ハンダのやり直しと本体の追い込みをしてきた。これから2つの機種の違いと特徴を、私なりの感性で綴っていきたい。

「音場」というか両器による描き出される特徴を端的にあらわしたらどうなるか、ものすごく悩んだが、直感的に感じたモノをあえてあげるとするならば、TU-870は演奏を高性能1眼レフでめいっぱい絞り込んで撮った静物・風景が的な感じがする。つまり、演奏の細やかな部分までピントが合っており、極細のペン先で精緻なデッサンをした絵画的なものをイメージした。
対する501SEはどうかというと、意外なことに細部までピントのあった精緻なデッサンというよりは、50ミリ程度であるが明るさ(f値)1.2くらいのできのよいレンズを解放でお日様の降りそそぐ明るい場所で撮った人物画のようなイメージの音場である。メインの被写体はずっと目の前にいるがぼけの中にも必要な画像はしっかり確認はできる。
IMG_4493


こんな感じであるから、自ずと使い道は違ってくる。皆さんはどう思われるのだろう。では、今からさらにセッティングを詰めます。また、次のレポートします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 3日 (金)

真空管の差し替え

エージングを続けてきたが、まだまだ、音がなじまないというか、スピーカーと部屋のツボが今ひとつ合わない感じ。この前の雨の日はなじむどころか湿気でドローンとした音しかでなかった。近いうちにもう一度底ぶたをあけて気になるところを見直したい。
さて、真空管オーディオのたのしみに、真空管の差し替えができることは広く周知のこと。私が初めて作ったのはTU-870だが、501がくるまではメインとしてずいぶん活躍している。もちろん現在も現役だが、870を作ったときにうれしくて6BM8をいくつか買い求め差し替えを試してみた。

IMG_4600


今回作った501にも6BM8が使えるので501の真空管を差し替えてみた。すると不思議だがデフォルトでエージングしていたときよりツボにはまってきた。あくまでも「はまってきた」のであって、キャッチャーミットをかまえたところに寸分違わず投げ込めたわけではない。しかし、こうなるとさらにセッティングを詰めていくおもしろさが俄然わいてくる。試すほどにど真ん中に近づくのだからおもしろくないわけがない。今日明日は徹底してやってみるつもりだ。ちなみに手元にある6BM8のなかで一番具合がよかったのはエレクトロハーモニクスだった。

今はストライクゾーンははずしていないけど、キャッチャーのかまえたところに放り込むにはまだ6割程度の力しか出していないと行ったところ。いずれはMAXで放ってもねらったところに確実にコントロールできるようアンプを鍛えていきたい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »