« またはじまった | トップページ | スタンド&インシュレーター制作 »

2006年4月15日 (土)

個々の力を引き出す楽しみ

Img_4934_1


4/10にTU875が届き、早速組んでみた。驚いたのは紳士靴の箱サイズ程度の段ボールで梱包されており、想像以上に、(いや、以下かな)ミニサイズであるところだ。以前に870を製作していたので同じくらいであることは先刻承知だったのだが、このキットに求める期待が大きく、実物以上の大きさを勝手にふくらめていたのだろう。
キットゆえハンダを駆使しないといけないのだが、このキットは実によくできている。プリント基板のパーツ差し込み穴の両面にすでにハンダが少量流し込まれていて、非常に素早く、且つきれいにハンダ付けができる。これは超初心者には安心のキットだ。
なんだかんだでできあがり、早速音楽を聴いてみる。CD-TU875-SV501SEとつないでお気に入りの音楽をかける。最初の印象は正直「???」である。そう、このキットに大きな期待を勝手に掛けていたのだろうが、思っていた音と出てきた音の差が非常に大きく、期待はずれであったのだ。
大橋さんに正直な気持ちを吐露したところ、「・・・真空管を替えてもSV722にはなりません。」わかっていたのだが残念。朝から1日作業していたのでこれで今日は終わり。そそくさと寝た。

次の朝、セッティングを替えて聴いてみることにした。スピーカーの置き方や、間にはさむボードやインシュレーターを工夫して、試聴してみた。CD-SV501SEの時はゴンゴンとした響きだったのが、間にTU875をいれると、「ごんごん」になった。音を言葉で表すのは本当にめんどくさく難しいが、たとえて言うなら聞き分けのよい、お行儀のよい音に変わったと言うことだ。同じソースを聞き比べても明らかに違う。
正直、こちらの勝手な思いこみで昨日はがっかりしたのだが、こうやって工夫することでTU875のよさがだんだん出てきた。さらにセッティングをつめ、ごく自然なナチュラルな重さを弓にかけて弾き出すヴァイオリンのような軽やかに共鳴するよう工夫した。積極的にスピーカーの箱鳴りを求めていくとこのプリの良さがさらに出てきた。こうなると俄然楽しくなってきて、スピーカー、パワーアンプ、さらにはプリの有る・無しを先日作ったセレクタでガチャガチャと切り替えて丸一日堪能した。

最終的に875を生かすことを考えたら、CD-自作アッテネータ-TU875ーSV501SEー密閉型中型スピーカーで落ち着いた。それも、CD出力のゲインをアッテネータで2/3くらいに絞りプリに送って、パワーアンプも2/3くらいの位置(1時か2時)でプリのボリュームでコントロールすると大変上品でコンパクトにまとまった音楽を聴けた。いろいろ工夫してそれぞれの良さと、組み合わせの繊細さを堪能できた。
個々の力を引き出すことの大切さを改めて思い知った。しばらくはこれでじゅうぶん楽しめそうだ。いろいろあったが今回のTU875導入は正解であった。

|

« またはじまった | トップページ | スタンド&インシュレーター制作 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164026/9606443

この記事へのトラックバック一覧です: 個々の力を引き出す楽しみ:

« またはじまった | トップページ | スタンド&インシュレーター制作 »