« セレクタアッテネータ完成 | トップページ | 個々の力を引き出す楽しみ »

2006年4月 7日 (金)

またはじまった

ソースのセレクトに便利なように作ったのだが、じっくり聞き込んでくるといろいろ試したくなってくる。また始まったのだ。悪い癖が。
Img_4929

今回は配線材にこだわってみようと思い、いろいろ探してみた。
メーターあたり10円のものからウン万円までいろいろあった。万以上のものは正直「あほじゃなかろうか」と声に出してののしってみた。
探したところ簡単に手に入った銅単線2品。
一つはネットオークションで480円/17m也。もう一つは浜松のオーディオウィンズさんの銅単線。どちらも銅単線には違いがないが音に変化はあるのだろうか。

まずはじめに480円のほう。さっさと組み上げ比較視聴。今回ははずれだったらいやなので、入力1系統のみ付け替えた。これでセレクターをカタカタ切り替えれば瞬時に音の変化が見て取れる。
じっくり聞き比べると、マルツのやっすいケーブルの方がいい音がする。室内楽やヴォーカルの生々しさが圧倒的な差で眼前に表れる。(マルツのケーブルに慣れていたせいなのだろうか・・・?)決して今までの音がよくなったわけでなくあくまでも480円の方がだめというだけのこと。
安物買いの・・・である。
で、今日オーディオウィンズさんに初めておじゃまし、線材をもとめた。ちょっと奥をのぞくと所狭しと真空管アンプが置いてある。

すっげー。

私は真空管アンプやさんを覗いたことがなかったのでびっくりした。直に見ると本物はすごいですね。
で、せっかくだからと300Bのシングルアンプを聞き比べさせてもらった。大変不勉強なので回路やらアンプの形態などよくわからない。でも、出てきた音ははっきり区別できた。上手く表現できないが油彩画と水彩画のような違いとでもいっとけばあながちはずれではない。どっちがいいかではなく好きずきだろう。
また、機会があればじっくりとおじゃましてみたい。

で、前述の線材を購入(メーターあたり450円也)し帰宅してセレクタをすぐ組み直してみた。

今度は劇的な違いがあった。おなじ水彩画だけれど正確に細部まで描写されたものと、絵全体の雰囲気をよく表したものという感じだ。
どっちがいいって、どっちもいい。不思議なものだ。同じ電気が使われているのに。
しかし、これでソースを選ぶだけでなく、ソースにあった再現環境を手に入れたことになる。ちょっと幸せだ。

だけど・・・

ここで終わっていれば財布は寂しくならないのに、フォノイコライザもかえてみたら、などと思いつき、サンバレーに発注してしまった・・・。

月曜には届く。今度はTU875制作記としてまたお目にかかりましょう。

|

« セレクタアッテネータ完成 | トップページ | 個々の力を引き出す楽しみ »

コメント

初めまして。増谷と申します。突然の書き込み申し訳ございません。セレクタアッテネータ自作の記事を拝見させていただきました。当方今年3月に定年退職し何かノンビリとアナログレコードを自分の作製したアンプで聴きたいと思っておりましたところ記事を拝見しました。もしご迷惑でなければ作成方法、キットなどご教示頂けないでしょうか。よ

投稿: 増谷 | 2008年4月24日 (木) 12時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164026/9477934

この記事へのトラックバック一覧です: またはじまった:

« セレクタアッテネータ完成 | トップページ | 個々の力を引き出す楽しみ »