« スタンド&インシュレーター制作 | トップページ | ちょっと一息 »

2008年5月26日 (月)

セッティング

インシュレーターの制作とスタンドの制作。どちらもいくつか作り、組み合わせを替えながらセッティングを詰めていきました。
オーディオパーツ製作その1 続き

まずは使用するインシュレーターはこれちっちゃいですけどわけはあります。私が使っているスピーカーはいわゆるブックシェルフタイプ。
密閉型とバックロードタイプを使い分けてますが、両方とも重くてでかいインシュレーターで聴いたらなんだか、ボヨンボヨンしてしまい、どうもよくない。それで形状、サイズ、試作をたくさんつくっていったら、これがベストでした。

Img_5821

こんな感じです。
たくさん作ってみました。

Trptrp2006img600x4001211673417hieu9

これを上下一組3セット使ってスピーカーを浮かせます。
みそは、究極の点接触。スパイクピンの先端はもはや凶器です。あぶな〜!!!
足の上に落としたら刺さりました。でも、間に両面テープやフェルトなどはさんだら著しく音が変わってしまいました。ここは慎重にセッティングして最大限の効果を発揮してもらいます。

そしてスタンド。
Img_5831

1号機がこれ。分厚い天板に底板、25mmの真鍮製ポスト3本でがっちりつくたものでした。たしかに腰の据わった厚みのある音で、パンチの効いたソースにはよいですね。

でも、2号機のこちら、
Img_5861


スピーカーをセッティングした画像はありませんが、天板、底板ともに1号機より遙かに薄くしてみました。また真鍮製ポストも12mm。全高が800mmもあります。これに先ほどのスパイクインシュレーターをかませ、仕上げにステンレスのとんがりインシュレーターを使ってスタンド全体を底上げしてやったら、
Img_5838

スピーカーの存在が消え、音の広がり、奥行きが格段にスケールアップしました。楽器間の距離感やボーカル等ソリストの音像がくっきりと浮かび上がってきました。

スピーカーも2種類使い分けてまだまだセッティング途上ですが、ほんのちょっとしたことで音って偉く変わるものです。音楽を楽しむために妥協はしません。とっても楽しいですからね。

ちょっと話がそれますが、
私の使っている楽器には微妙な音程をアジャストするチューニングスライドという部分があるのですが、ここに脱落防止用のねじがついています。このねじ、互いに締め込み合うのですが、ここが緩いとだらしない音しか出ません。音がふわふわしてしまうのです。もちろんホールの隅々まで音を届かすのは至難の業。
このねじをきちっと閉め込むだけで輪郭のはっきりした音になるのですが、音って本当にちょっとのことで変わるものですね。

|

« スタンド&インシュレーター制作 | トップページ | ちょっと一息 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スタンド&インシュレーター制作 | トップページ | ちょっと一息 »